スポンサーリンク
労働法

法内残業・法外残業とは何か?割増賃金を支払う義務は?わかりやすく解説

残業には2つの概念があり、それが「法内残業」と「法外残業」です。これらは、法定労働時間・所定労働時間との関係で説明されますが、具体例を挙げつつわかりやすく解説します。また、残業には、割増賃金を支払う法的な義務が発生するのかについて検討します。
憲法

特別権力関係論とは何か?判例・学説の立場をわかりやすく解説

本記事では、特別権力関係論とは何か、その問題点、学説・判例の立場についてわかりやすく解説します。特別権力関係論は、戦後の一時期は有力に主張されたこともありましたが、現在でも採用できるのか、富山大学単位不認定事件最高裁判決とともに検討します。
憲法訴訟

合憲性推定の原則とは?わかりやすく解説【憲法訴訟】

憲法訴訟においては憲法判断がなされますが、そのおおもとにある考え方が「合憲性推定の原則」です。では、合憲性推定の原則とは何なのでしょうか。また、その根拠と実際にどのような作用を持つのかについて、簡単に説明します。
憲法訴訟

統治行為論とは何か?苫米地事件・砂川事件からみる憲法判断回避の手法

統治行為論(政治問題の法理)とはどのような手法なのか、わかりやすく解説します。苫米地事件・砂川事件における判例を踏まえつつ、憲法判断の回避の手法の一つである統治行為論がどのように用いられるのかをみていきます。
憲法訴訟

比較衡量・利益衡量とは何か?わかりやすく解説【憲法訴訟】

裁判所がよく用いる手法の一つに「比較衡量」や「利益衡量」があります。では、比較衡量・利益衡量とはいったい何なのでしょうか。記事の前半では法律学一般の比較衡量・利益衡量について検討し、後半では憲法訴訟における比較衡量・利益衡量の意義と、その問題点を説明します。
憲法

行政権とは何か?「控除説」とその根拠・問題点をわかりやすく解説

憲法第65条には「行政権」についての規定が存在しますが、行政権とは何なのでしょうか。また、通説である「控除説」とはどのような説なのでしょうか。その根拠としての行政権の肥大化(行政国家現象)や歴史的な背景、問題点を簡単に説明します。
法学部

【徹底比較】ポケット六法・デイリー六法はどっちを買うべき?

ポケット六法(有斐閣)とデイリー六法(三省堂)のどちらがよいのか、新たに法学部に入学された方の多くが迷われると思います。そこで、本記事では、ポケットサイズの六法としてどちらがおすすめなのか、それぞれの違いについて説明していきます。
憲法

報道の自由とは何か?どこまで認められる?判例・学説をわかりやすく解説

本記事では「報道の自由」とは何か、報道の自由は憲法上保障されるのか、一般人と報道機関に保障される表現の自由は同じなのかについて詳しく解説します。取り扱う判例は、博多駅事件最高裁判決・八幡製鉄政治献金事件最高裁判決です。
憲法

子どもに人権は保障される?【胎児・未成年者の憲法上の人権と制約】

本記事では、「子どもの人権」についてわかりやすく解説します。胎児・未成年者には、憲法上の人権は保障されるのでしょうか。また、子どもへの人権制約はなぜ正当化されるのでしょうか。その根拠である「限定されたパターナリズム」とは何なのかを含め、簡単に説明します。
憲法

テレビの偏向報道が許されない理由をわかりやすく解説【表現の自由】

マスメディアのうち、テレビ・ラジオなどの電波メディアには、厳しい放送規制が存在します。しかし、これは「表現の自由」との関係で問題となり、規制が正当化される根拠について検討します。本記事では、電波公物論・電波の特性論・番組画一化説・部分規制論・基本的情報公平提供論をみていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました