スポンサーリンク
憲法訴訟

憲法訴訟とは何か?「憲法訴訟法」はある?わかりやすく解説

民事訴訟や刑事訴訟、行政訴訟は聞いたことがある方も多いかもしれませんが、「憲法訴訟」はご存知でしょうか。本記事では、憲法訴訟とは何か、「憲法訴訟法」は存在するのかについて、一から簡単に説明します。
憲法

社会契約説とは?ホッブズ・ロック・ルソーの思想をわかりやすく解説

本記事では、社会契約説とは何なのか、社会契約説を提唱したホッブズ・ロック・ルソーの思想をそれぞれわかりやすく解説していきます。ホッブズは絶対王政を擁護し、ロックやルソーの考え方は、アメリカ独立戦争・フランス革命に影響しました。これらを表を用いつつ、簡単に説明していきます。
政治

「ファイブアイズ」とは何か?日本も加入すべき?

近年、「ファイブアイズ」という言葉をよく耳にしますが、そもそもどのような枠組みなのでしょうか。また、ファイブアイズに日本も加入し、「シックスアイズ」となるべきなのでしょうか。中国・ロシアに与える影響も含め、わかりやすく解説します。
憲法

外国人に出入国の自由・在留権はある?わかりやすく解説【憲法学】

本記事では、外国人に出入国の自由・在留権は認められるのかについて検討します。出入国の自由は、出国の自由・入国の自由・再入国の自由に分けて考えますが、判例や学説はどのような立場をとるのでしょうか。在留権については、マクリーン事件判決とともに簡単に説明します。
憲法

「基本権保護義務論」とは何か?わかりやすく解説

本記事では、私人間効力の学説のうち、ドイツにおける「基本権保護義務論(国家保護義務論)」について簡単に説明します。また、立法府の保護措置で足りない場合の裁判所の義務や過少保護・過剰介入の禁止についても解説します。
憲法

検閲とは何か?定義・判例の立場・事前抑制との違いをわかりやすく解説

表現の自由の事前規制である「検閲」ですが、そもそも定義は何なのでしょうか。この定義については、狭義説と広義説に分かれており、判例(税関検査事件)は前者の立場です。また、事前抑制との違いは何なのでしょうか。議論の順序とともに簡単に説明します。
政治

HUAWEIスマホ事業から撤退か!米国の制裁に屈した世界一の企業

先日、スマートフォン世界シェア第一位となったHUAWEI(ファーウェイ・華為)ですが、米中対立により、苦境に立たされていました。そんな中、HUAWEIがモバイル事業から撤退する可能性があるとの見方がでてきました。今後の中国製スマホ(OPPO・Xiaomi・Lenovo等)の行く末と、日本のとるべき対応について考えます。
憲法

【判例あり】公務員の労働三権の制限についてわかりやすく解説

公務員の労働基本権は法律によって制限されています。では、なぜ公務員の労働権は制限されているのでしょうか。判例(全逓東京中郵事件判決・都教組事件判決・全農林警職法事件判決)はどのような立場をとるのでしょうか。その推移(全体の奉仕者論→職務性質説→地位の特殊性論)とともに簡単に説明します。
憲法

違憲審査基準とは?厳格審査・中間審査・合理性の審査の違いをわかりやすく解説

違憲審査基準とは何なのでしょうか。厳格審査基準・中間審査基準(厳格な合理性の審査基準)・合理性の審査基準の違いとは何か、図解しながら簡単に解説します。
政治

TikTok立ち入り検査へ!認識されはじめた国家情報法のリスク

「国家情報法」のリスクに対処するため、自民党内でも議論が加速しています。これは、特に、近年若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok」を念頭においたものです。本記事では、この動きをどう捉えるべきなのかや、政府のとるべき対応も考えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました