スポンサーリンク
憲法

表現の自由とは?どこまでが「表現」に含まれる?わかりやすく解説

近年「表現の自由」がよく話題に上がりますが、そもそも「表現の自由」とは何なのでしょうか。また、「表現」の範囲についても、わかりやすく解説します。マスメディアの登場により主張された「知る権利」や「アクセス権」など、その役割の拡大も簡単に説明します。
政治

現代マスメディアの役割・存在意義とは?「マスゴミ」批判について考える

インターネットが普及し、マスメディアの必要性は低下したのでしょうか。マスメディアはインターネットが発達した現代において、どのような役割を果たすべきなのでしょうか。SNSを中心に広がる、テレビ・新聞に対する「マスゴミ」や「偏向報道・印象操作」との批判にも触れつつ、検討します。
憲法

二重の基準論とは何か?その意義と根拠、問題点をわかりやすく解説

本記事では、司法審査基準論である「二重の基準論」について簡単に説明します。二重の基準論とは何か、なぜ二重の基準がとられるのか、その根拠である「民主過程論(民主政の過程論)」と「裁判所の能力論」について解説します。また、二重の基準論の問題点・批判についても検討します。
憲法

法人にも憲法上の人権は保障される?【八幡製鉄政治献金事件】

憲法上の人権は法人にも保障されるのか、判例(八幡製鉄政治献金事件)をもとに、わかりやすく解説します。法人の人権享有主体性について、判例は「権利性質説」を採用し、学説も同様の立場をとっています。権利性質説とは何か、具体的にどのような人権が保障されるのか、簡単に説明します。
憲法

人格的利益説・一般的自由説とは?メリット・デメリットは?わかりやすく解説

幸福追求権を規定する憲法第13条は、いかなる利益を「人権」として保障しているのでしょうか?人格的利益説・一般的自由説(無制限説・制限説)をそれぞれわかりやすく解説します。一般的自由説の無制限説は、批判がありながらも残っているのは、二段階確定が必要なく一段階確定で足ることであり、このことも簡単に説明しています。
政治

中国の「国家情報法」とは?その危険性は?わかりやすく解説

本記事では、中国の「国家情報法」とはどのような法律なのか、どのような危険性があるのかについて簡単に解説します。LINEにおいては企業の危機意識の低さが問題となりましたが、個人でできる対策も併せて説明します。
憲法

【図解あり】「公共の福祉」における学説をわかりやすく解説

そもそも、人権は無制限なのでしょうか?そうではありません。人は社会と無関係ではない以上、人権制約が必要となる場合があります。しかし、人権制約の正当化の根拠は、憲法上の「公共の福祉」の理解によって異なります。そこで、学説(一元的外在制約説、内在・外在二元制約説、一元的内在制約説)をそれぞれ簡単に解説します。
憲法

直接適用可能な条文は?私人間効力が想定されている憲法の条文

憲法に「私人間効力」があるか否かについては、判例や多くの学説が形成されてきました。しかし、その議論にかかわらず、憲法上には、初めから私人間にも「直接適用」されることが想定された条文が存在します。本記事ではここに焦点を当て、簡単に解説します。
憲法

天皇・皇族は「国民」に含まれる?人権はある?わかりやすく解説【憲法学】

憲法上の人権享有主体に、天皇・皇族は含まれるのでしょうか。そして、天皇・皇族にも基本的人権の保障はあるのでしょうか。本記事では、憲法学上、天皇・皇族はどのような位置づけなのかを簡単に解説します。
憲法

国家行為の理論(ステイトアクション)とは?わかりやすく解説

本記事では、「国家行為の理論・ステイトアクションの理論」とは何かについて解説します。憲法の人権規定の「私人間効力」については日本でも議論になりますが、ここではアメリカで用いられる学説にフォーカスします。では、どのような理論なのか、図解しながら簡単に説明します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました