法学カフェ

スポンサーリンク
憲法

【判例あり】信教の自由と政教分離の衝突をわかりやすく解説

本記事では「信教の自由」と「政教分離」が衝突するケースについてわかりやすく解説します。扱う判例は、日曜日授業参観事件・エホバの証人剣道受講拒否事件(神戸高専剣道実技拒否事件)です。
憲法

政教分離原則はなぜ必要?その理由と保障内容をわかりやすく解説

日本国憲法第20条においては政教分離原則が規定されていますが、なぜ政教分離原則が必要なのでしょうか。本記事では、その意義について検討するとともに、具体的な保障内容についても解説します。
憲法

信教の自由とは?意義・判例・限界についてわかりやすく解説

本記事では、憲法20条により保障されている「信教の自由」について解説します。関連する判例(加持祈祷事件・牧会活動事件・京都市古都保存協力税条例事件・オウム真理教解散命令事件)と、信教の自由の限界について検討します。
憲法

規制目的二分論とは?意義・判例・問題点をわかりやすく解説【積極目的・消極目的】

職業選択の自由(憲法22条1項)の制約について、その合憲性を判断するにあたって用いられているのが、積極目的規制・消極目的規制に分類する「規制目的二分論」です。本記事では、その意義・判例(薬事法距離制限事件・小売市場距離制限事件)・問題点を検討します。
憲法訴訟

合憲限定解釈とは?税関検査事件・徳島市公安条例事件での用いられ方

本記事では「合憲限定解釈」とは何か、判例(税関検査事件・徳島市公安条例事件)とともにわかりやすく解説します。過度の広汎性・漠然性・明確性の主張を退けるものとしての機能について、簡単に説明します。
憲法

都教組事件判決の「二重のしぼり論」とは?わかりやすく解説

公務員の労働基本権が問題となった判例のうち、公務員に有利な形で判決が下されたものとして都教組事件最高裁判決があります。最高裁は「二重のしぼり論」を展開し、合憲限定解釈を行うことで、公務員の人権を促進する結果となりました。
憲法訴訟

憲法判断回避の準則とは?意義・判例(恵庭事件)をわかりやすく解説

付随的違憲審査制を採用している日本においては、「憲法判断の回避」が行われることがあります。アメリカ連邦最高裁の示したブランダイス・ルール第4準則・第7準則と照らし合わせながら、判例(恵庭事件判決)とともに検討します。
憲法訴訟

レモンテスト・目的効果基準とは?わかりやすく解説【政教分離】

政教分離原則違反が問題となる際に、その判断基準として用いられる「レモンテスト」と「目的効果基準」についてわかりやすく解説します。また、判例(津地鎮祭訴訟最高裁判決・愛媛玉串料訴訟最高裁判決)から、目的効果基準は実際にはどのように適用されたのか、検討していきます。
憲法

国会中心立法の原則・国会単独立法の原則とは何か?わかりやすく解説

日本国憲法第41条には「唯一の立法機関」としての国会について規定されており、ここから「国会中心立法の原則」と「国会単独立法の原則」が導かれます。では、これらの原則はどのような原則で、どのような違いがあるのでしょうか。
憲法訴訟

LRAの基準とは?意義・判例・問題点をわかりやすく解説

LRAの基準(より制限的でない他の選びうる手段の基準)とは、どのような基準なのでしょうか。また、LRAの基準を実際に適用した判例、LRAの基準の問題点について、わかりやすく解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました