法学カフェ

スポンサーリンク
憲法判例

【図解あり】恵庭事件をわかりやすく解説

本記事では、恵庭事件の概要と、裁判所の判断(札幌地判昭和42年3月29日)について簡単に解説します。自衛隊法が憲法9条に違反するか否かが争点となりましたが、裁判所は、被告人を無罪としたうえで憲法判断を回避しました。
憲法判例

【図解あり】サラリーマン税金訴訟をわかりやすく解説

本記事では、サラリーマン税金訴訟(大島訴訟)の概要と最高裁の判決(最判昭和60年3月27日)について簡単に解説します。裁判所は、広い立法裁量・明白性の基準を採用し、非常に緩やかな審査を行いました。
政治

東京五輪中止のメリット・デメリットは?賛成派・反対派の主張まとめ【コロナ禍】

新型コロナウイルスの感染状況の高止まりが続く中、東京オリンピック・パラリンピックは中止すべきとの声が多く上がっています。本記事では、中止した場合のメリット・デメリットをわかりやすくまとめます。
憲法判例

【図解あり】チャタレー事件をわかりやすく解説

本記事では、チャタレー事件の概要と、最高裁の判決(最大判昭和32年3月13日)について簡単に解説します。小説「チャタレイ夫人の恋人」の翻訳版について、刑法175条と憲法21条が問題となった事案であり、最高裁は「わいせつ三要素」を提示したうえで、公共の福祉論を展開しました。
憲法

刑法175条は違憲か?チャタレー事件をもとに考える【わいせつ物頒布罪】

本記事では、刑法175条は憲法違反であるか、チャタレー夫人の恋人事件最高裁判決(最大判昭和32年3月13日)をもとに検討していきます。憲法21条「表現の自由」と対立する刑法175条(わいせつ物頒布罪)について、その問題点を考えます。
憲法判例

【図解あり】愛媛玉串料訴訟をわかりやすく解説(政教分離)

本記事では、愛媛玉串料訴訟の概要と、最高裁の判決(最大判平成9年4月2日)について簡単に解説します。最高裁が津地鎮祭訴訟で採用した「目的効果基準」、「エンドースメントテスト」の採用なども含めて丁寧に解説します。
憲法判例

【図解あり】京都府学連事件をわかりやすく解説(肖像権)

本記事では、京都府学連事件の概要と、最高裁の判決(最大判昭和44年12月24日)について簡単に解説します。プライバシー権のうち、最高裁が「肖像権」を初めて認めた判例として有名です。
憲法判例

【図解あり】「宴のあと」事件をわかりやすく解説(プライバシー権)

本記事では、「宴のあと」事件の概要と、東京地裁の判決(東京地判昭和39年9月28日)について簡単に解説します。プライバシーを法的権利として認めた有名な判例であり、その際に示された3基準(私事性・秘匿性・非公知性)は審査基準として後の判例でも用いられます。
憲法判例

【図解あり】猿払事件をわかりやすく解説(猿払基準とは)

本記事では、公務員の政治的活動が問題となった「猿払事件」の概要と、最高裁の判決(最大判昭和49年11月6日)・最高裁の提示した「猿払基準」について、簡単に解説します。
憲法判例

【図解あり】津地鎮祭訴訟をわかりやすく解説(政教分離原則)

本記事では、津地鎮祭訴訟の概要と、最高裁の判決(最大判昭和52年7月13日)について簡単に解説します。政教分離原則の審査について、最高裁が「目的効果基準」を採用した判例として有名です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました